2009年12月31日

今と24時に何の差がある

年賀状.bmp


今更新して正月とかそういうことじゃねぇから!

断じてちげぇから!

今年振り返る記事ないのは面倒とかそういうことじゃねぇから!

断じてちげぇから!

秋商サッカー負けたのは壁がよけたからだろとか思ってねぇから!

断じてちげぇから!


ちげぇから!



〜追記〜

この記事携帯で確認して、画像が思ったより小さいのはサイズの調整ミスとかじゃないから!

断じてちげぇから!
posted by せんぼく at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

何だこれは

『アイアムアヒーロー』花沢健吾

『ルサンチマン』『ボーイズ・オン・ザ・ラン』の主人公達のどうしようもない駄目さ加減が何か愛しい。

そう俺は花沢健吾作品が大好きなのだ。

今回の連載はどんな駄目さ加減を見せてくれるのか、期待に胸が膨らむ。

『アイアムアヒーロー』

1巻の序盤から語られる、駄目主人公の設定。

今流行の漫画家漫画かなと思いつつ読み進める。

どんどんといい味を出してくる駄目さ加減。

1巻も終わりに近づいた頃、この駄目も面白そうだと結論づける。

甘かった。

今回はいつもと違う。

違いすぎる。

1巻に衝撃的なラストが待ち受けていたのだ。

あの衝撃的なラストから待つこと4ヶ月。

待望の2巻が発売された。

あの衝撃は何だったのか?

4ヶ月越しに解決される。

・・・・・・・・・。

まさに読み終わっての感想だ。

さらなる衝撃しか生まない。

他の漫画にはない圧倒的な緊迫感でただ跪いて物語についていくしかない。

この作品のむかうところは一体どこなのか?



『アイアムアヒーロー』

超絶お薦め。



posted by せんぼく at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

32

おい。

加藤大32歳かよ。

人生って俺が考えてるよりちょろそうだ。
posted by せんぼく at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おいおい

何でいいとも!ねぇんだよ。

何だよすぽると!大賞って。

年末だからって、調子にのるな。

最後!だからって調子にのるな。

だから年末年始の特番は嫌いなんだよ。

特別なことやってんじゃねぇよ。
posted by せんぼく at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

めっちゃ忙しい。

この更新もやっとなくらい忙しい。
posted by せんぼく at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

明日

明日から1月15までまだ18日間もあんのか。

長い。
posted by せんぼく at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やる気

芝浦NO!言われてから、テンションだだ下がりだわ。

今日の勉強能開の授業だけというね。

お前何してんの?と聞かれれば、ポンチーロンと自信を持って答えるわけで。

お前何なの?と聞かれれば、受験生と胸を張って答えるわけで。

お前何してぇの?と聞かれれば、社会に出るまでの執行猶予4年、ないしは人生の夏休みというモラトリアムを満喫したいわけで。

お前何言いてぇの?と聞かれれば、大学に入りたいけどやる気でないんですともごもご言ってみるわけで。

そんなわけで。
posted by せんぼく at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

このマンガがすごい!2010

俺このシリーズ結構もってるわけですよ。

でも今年なんか違和感あるなって思ったら、集計方法が変わったわけですね。

どうりでジャンプがランクインしまくりなわけだ。

いや、ジャンプの作品を否定してるわけではないんです。

俺だっていつもいつも「one piece」おもしれぇっていってるわけですから。

ただ、これは何かちげぇなぁと思ったわけですよ。

例えば今年は、1位が「バクマン。」で、2位が「one piece」なわけですよ。

1位は今年から始まったし、各所で絶賛されてたから、まぁ納得といえば納得ですよ。

でも2位は違うんじゃないですかね。

これは今年を代表するマンガですか?

違いますよね?

確かに今年はインペルダウンあたりからの盛り上がりは異常でした。

でもそんなこと言ってたら毎年ランクインしますよ?

西暦が入ってるわけですから、あくまでその年を代表するようなものをランクインさせるべきではないですか?

ジャンプ作品をみると、05、06に「DEATH NOTE」がランクインしてますね。

これは社会現象まで巻き起こしましたからしょうがないでしょう。

ジャンプといえども、大衆に知られた、いやもっと言えばうちのおかんですら知ってるわけですから、「DEATH NOTE」はその年の代表作でしょう。

今年の「one piece」の映画すごい好評だったじゃんと思ってる人もいるかもしれませんが、それは集計が終わってからなので、まぁ無関係でしょう。

しかも、「one piece」の場合は原作あまり関係ありませんからね。

この集計方法が続く限り、人気不動の「one piece」がランクインし続けるのかと思うと、ちょっと残念な気がしてなりません。



posted by せんぼく at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

変更

何か芝浦受けさせてくれないので、基本秋大か県立にしようかと。

センターでめっちゃ余裕で二次試験寝てればいいだろくらいとれたら埼玉か宇都宮を狙ってみようかと。
posted by せんぼく at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

いいとも

今田おもしれぇ。

ダウンタウンの次におもしれぇわー。
posted by せんぼく at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

ちぇんじ

雪がしきりに降りしきる中、チャリに乗り込みdocomoショップ茨島店ヘ向かう一人の雪道ライダーがいた。

ハンドルは雪にとられ、タイヤは滑り、車にかけられる雪にもめげずに向かう男の目的は一つ。

携帯の電池パック奪還だ。

手足の感覚がなくなり、軽い痺れを覚えた時、任務遂行の時がやってきた。

駐車場にチャリを止め、この雪が積もってる時にこのおんぼろのチャリを盗む奴はいないと思いつつも鍵をかける。

「引き」と書かれたドアを開ける。

中に足を踏み入れると、そこにいたのは俺一人だけだ。

二人の女性店員がいらっしゃいませと言いつつ、二人とも俺を受け入れる準備を始める。

どっちに座るか迷いつつも、足は容姿のいいほうへ。

「どうなされましたか?」

「電池がもたなくなりました。」

ちらっと俺の機種を確認し、電池パックを探しに行く。

その間俺は、名前と電話番号を記入。

店員が戻ってくると、片手に電池パックが。

そう、電池パックが。

電池パックあったー!

「ご本人と携帯電話の名義が違うので、名義の方とご連絡させていただいてよろしいですか?」

名義人:仙北谷のり子

世界ひろしと言えども、この名前はそうはいないだろう。

そう俺のおかんだ。

この名が出てきたとき俺は若干嫌な気がした。

おかんは携帯を携帯しない。

必殺技は、携帯不携帯だ。

そんな簡単に必殺技は出ないだろうと願いつつ、携帯にかける。

出ない。もう一度かける。

出ない。

そうだ。家にいるから不携帯なんだ。

自宅にかける。

「いない。」。俺のばあちゃんは無常にもそういい捨てる。

携帯の電池残り一つ。

おとんなら、腹に似合わず、携帯に対する機敏なフットワークで反応してくれるはずだ。

「この電話は・・・。」。

おい。俺はどうすればいい?

おかんの携帯に5度目のコール。

「もしもし。美香だけど。おかんどっか行って、携帯は居間。」。ブツッ。

おい。必要なのはお前じゃない!

携帯についにあの文字が。

empty.

「電池なくなったんですけど。」

「えっ?あ〜じゃあ、そこの携帯の充電器をはずしてお使いください。」

そこの携帯を俺のにしたら万事解決なんだが・・・。

そんなことを思いつつも言われた通り行動する。

おとんに何度目かのコールで遂に!

「もしもし?」

俺の苦労を知らずに、間延びした声で答えるのは他に知らない。

あ、おかんだ。

事の顛末を簡潔に伝え、店員と変わる。

「確認が取れましたので、電池パックを交換しますね。」



そして俺は、こんなにも携帯を使ってるのに、電池残量2から1に減らない、強靭な携帯を手に入れたのだ。

めでたしめでたし。
posted by せんぼく at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スピーディ

時間に追われ続ける現代人。

何よりも速さと正確性が求められる。

センター数学・国語・英語然り。

その勢いはとどまること知らず、とうとうプロフ巡りにまで波及してきた。

充電器からケータイ取り外してプロフ巡りするとこ5分。

電池マーク登場と共に現れるemptyの文字。


もうちょい頑張れよ。
posted by せんぼく at 00:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

NBA

ナッシュやべぇ。

フェイダウェイが美しすぎる。

スタウドマイヤーへのパスも半端ねぇし。
posted by せんぼく at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

絶好調

今日やばい。

14勝6敗。

+86000。

東風戦第4局。

親俺。

タンヤオ、トイトイ決定、イーピン積もってきてカンしてリャンシャン、ドラ7。

親3倍満。

2人飛ばした。

マジ爽快だわ。

気持ちよく勉強できる。
posted by せんぼく at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合格

gokaku.jpg無事合格できました。

合格率5分の4だけども。

安心して眠れます。
posted by せんぼく at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

やばい

クレヨンしんちゃんの映画が観たすぎる。

なにこの衝動。
posted by せんぼく at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

アイムチャンピオン

marujan.jpg挑戦者求む。

模試サb、ちょっと腹痛くて受けれないからやってんじゃないぞ!

やりたいからやってんだぞ!


何かアナザースカイでアンジャッシュの児嶋が香港で麻雀やってんのみて牌並べたくなった。
posted by せんぼく at 00:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

発見!

パソパソが重くなったからデータの整理してたら、登録サイトのIDとpass出てきた。

ニコ動とmixiにいける。

mixiは別に問題ないとして、ニコ動って。

最悪のタイミングでの発見や。

この時期にニコ厨になってしまう。

まぁ冬休みあるからちょっとぐらいなら。

ねぇ?
posted by せんぼく at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

no-title

みんな明日の模試受けんの??

だるくない??

何を今さらと思うの俺だけ??
posted by せんぼく at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

赤星引退か。

惜しいな。

俺小学校の時イチローは無理だけど、赤星にならなれるって意味分かんない考え持ってた。

それくらい憧れ?を持った選手。

俺の小学時代の3番目のヒーロー。

イチロー、二岡の次。

何で二岡?という人もいるだろう。

しかし俺は忘れない。

2000年のペナントの二岡の優勝決定アーチを。

0-4から江藤の同点満塁アーチ、次打者の二岡の逆転さよならアーチ。

あの時俺は発狂した。

江藤の満塁同点アーチの時からやばかったところを二岡にだめおされた。

外角だか真ん中だかの高めをライト側スタンドの中段くらいまでもっていったとき俺は思った。

何だこの流し打ちは!!芸術だ!!

それ以来二岡に目覚めた。

やべっ、ちょっと興奮して話ずれた。

今は赤星の話だった。

赤星の何に刺激されたかといえば、やっぱ身長だったな。

小学校当時の俺は決して大きくはなかった。

むしろ小さい方だった。

なのに選手名鑑を見るとざらに180近くの選手達。

そんな中子供のような体躯の赤星。

その時思ったんだ。

俺は赤星だって。

赤星になろう。

赤星ならなれるって。

無茶苦茶だな 笑


赤星引退か。

何かいなくなってから、その人の存在感が分かるよね。

何か寂しいわ。
posted by せんぼく at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

卑怯

日本語って卑怯だよな。

「2度あることは3度ある」

「3度めの正直」

この2つがあれば大部分のことは当てることが出来るよね。

2度あるこは・・・、はたまた3度めの・・・て言えば当たるもんな。

結果が出てから、やはり・・・の方でしたね。って言えばいかにも俺の言った通りじゃん!ってなるからね。

特に何を言いたいわけでもないんだけど、何かぱっと思い浮かんだから更新した 笑
posted by せんぼく at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

わーるど

日本W杯無理じゃない?

相手強いでしょ。
posted by せんぼく at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

遅刻

模試9時提出なのに今から出る俺。
posted by せんぼく at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東芝

東芝の年末商戦の“モンスターテレビ”こと『セルレグザ』やばくない?

55インチのテレビにLEDバックライト搭載。

コントラスト比 500万:1

3TBのHDDに8個の地デジチューナー搭載。

それに高性能演算装置『CELL(セル)』搭載。

でもまぁ8チャンネル録画すんだから、CPUもパワーないと無理か。

時代進化しすぎだろ。



俺将来ぜってぇこういうの買うわ。

TVはプラズマ。実用化に至ってればLEDか有機ELもあり。液晶はあり得ない。

んでBlu-Rayレコーダーはソニーかパナ。

んで9.1chスピーカーはオンキョーかヤマハ。


数少ない譲れないもの。


とりえず勉強頑張ろ。
posted by せんぼく at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

ぽつん

能開終わって誰も迎えにきてないっていうパターン。

麻雀しかやることねぇ。
posted by せんぼく at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和

1試合のつもりだったんだけどな。

10時から半までやって、25時まで勉強すればちょうどいいなって思ってたんだけどな。

レッズ調子良かったんだもん。

しょうがないじゃん。

学級閉鎖だし。

もう俺閉鎖してぇし。

何かもう県立とか秋大でいいような気してきた。

だり。

寝み。

寝る。
posted by せんぼく at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

そういや

こばやしひできって受かった?
posted by せんぼく at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

今週

今週のジャンプ読んだ。

久しぶりに『ONE PIECE』でにやにやしてしまった。

ルフィが三大将の前に到着した時はやばかった。

あそこはたまらんでしょう。

ルーキーにも久々に動きが感じられたしな。

12/4新刊発売ですよ!




posted by せんぼく at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

ラスト

気づけば12月。

今年も終わり。

高校生活も終わり。

なんだかなぁ。

最近鬱なことしかうかばねぇな。
posted by せんぼく at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。